Jazz Sax Lessonブログ

ジャズサックスレッスンブログではレッスン情報、ジャズアドリブの練習方法、アイデア、楽器やマウスピースについてなどをアップしていきます。

コピーするのにお勧めのジャズサックス奏者 ジミーヒース/Jimmy Heath 2

ひとつ前の記事に続いて今回もジミーヒースについて。

ジミーヒースジャズテナーサックス


前回も書きましたジミーヒースのアドリブはビバップイディオムに忠実に基づいており、美しいフレージング、コードに対しての音のチョイスがシンプルかつユニークで、ビバップのアドリブを学ぶには最適だと思います。

まるでビバップの教科書のような本当に素晴らしいプレイです。

日本ではロリンズ、コルトレーンと比べると知名度は若干低いてです、アメリカでは多くのミュージシャンたちから尊敬されているレジェンドです。

教育活動にも熱心で、その様子はYouTubeでも観ることができます。




約2年前のライブ動画。
90歳近くとは思えない、素晴らしいプレイです。
アドリブもビバップイディオムに基づいた美しいフレージング、そしてユニークなアイデアも沢山盛り込まれています。


曲はジャズトランペット奏者プルーミッチェル作曲のファンジーママ。
Fの循環です。(テナーサックスでG、アルトサックスでCのキーです)





オンザトレイルというジャズスタンダード曲。
ジミーヒースは生涯この曲を沢山演奏しています。





ジャズスタンダード曲デイドリーム。
ジミーヒースのソプラノサックスは、その美しい音色、響はとても大好きです。





ジャズサックスレッスンブログはブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ジャズサックスレッスン情報
プロがマンツーマンで指導する個人ジャズサックス教室。
ソプラノ、アルト、テナーサックスで受講可能。
1時間あたり5000円からのリーズナブルな価格!!
未経験、初心者からジャズのアドリブスキルを身に付けたい方まで歓迎。
体験お試しレッスンも実施中!!


タグ 初めてのアドリブ ジャズサックス超初心者 ジャズサックス未経験 アドリブ導入 アドリブわからない アドリブ出来ない ビギナーアドリブ方法 初級ジャズサックス ジャズサックスレッスン マイナーペンタトニックスケール ペンタでアドリブ
11:37 | トラックバック(*) | コピーするのにお勧めのジャズサックス奏者 |TOP


コピーするのにお勧めのジャズサックス奏者 ジミーヒース/Jimmy Heath

ジャズのアドリブを習得するのに最も大切な作業の一つがコピー(トランスクライブ)です。

初心者の方には大変な作業ですが、まずは1小節、1フレーズから地道にコピーする習慣をつけると、耳が鍛えられ、またジャズのルール、フレージングの仕方も学べます。

私も師匠にいつも「コピーしてるか?」「コピーしなさい」と言われていました。

コピーし始めの頃は、1フレーズ取るのも30分以上かかって、尚且つ間違いも沢山あったのですが、徐々に相対音感も付いてきて、シンプルなフレーズなら1度聞けば理解し、吹けるようになりました。

今は多くのコピー譜も出回ってますし、解説書も多くありますが、コピーは自らやることに意味があります。

1フレーズを数十回、数百回聞くことでメロディを覚えますし、その音を楽器で探すことで相対音感も養われてきます、またコピーしたフレーズをコードと照らし合わせ、どのようにフレージングされているか分析することにより身をもってジャズ理論や、コードからどのようにメロディを作るか学ぶことができます。

なので全てが解説されて、譜面になっているものを吹くのとは全く意味合いが違います。

初心者の方にはとても難しいと思えるかもしれませんが、今はスマートフォンアプリ(スマホアプリ)で音程を変えずに再生できるものもあるので、昔よりは取っ付きやすいかもしれません。(アプリに関しては別の機会に書きます)

ぜひ意欲のある方はコピーに挑戦してみてください。





では実際コピーするのはどのプレイヤーがいいのか?

結局は自分の好きなプレイヤーをするのがいいのですが、ここではシンプルで、美しいフレージングをもち、ジャズのルール、アドリブ方法を学ぶにはお勧めのプレイヤーを紹介していきたいと思います。

今回は

テナーサックス、ソプラノサックス奏者のジミーヒース。

ジミーヒース画像


知る人ず知る名プレイヤーです。

91歳になった今も素晴らしい演奏をし続けるジミーヒース。


下記Wikipediaより

ジミーヒースプロフィール

ジミー・ヒース(James Edward Heath、1926年10月25日)は北米のジャズ・サックス奏者、作曲家、アレンジャー。あだ名はLittle Bird。ベースのパーシー、ドラムのアルバートの兄弟。ジェームズ・エムトゥーメの父である。

元はアルト・サックスをやっていたが、1940年代後半にCharlie Parkerがハワード・マギーやディジー・ガレスピーと演奏しているのを聴き、テナーに変えた。それで"Little Bird"と呼ばれた。
1959年にジョン・コルトレーンに替わりマイルス・デイヴィス・バンドに短期間参加。ケニー・ドーハムやギル・エヴァンスとも共演。
1960年代にはミルト・ジャクソンやアート・ファーマーとよく共演。
1975年、兄弟でヒース・ブラザースを組み、ピアノのStanley Cowellも参加した。
1956年にチェット・ベイカーとアート・ペッパーのアルバムPlayboysの曲の大半を書いた。
1980年代に、ニューヨーク大学のクイーンズ・カレッジの音楽学部の教授に就任。20年以上教えている。ドナルド・バードなどを招聘した。


ビバップの創世記から現在まで活躍し続けるジャズテナーサックスのレジェンドです。

また素晴らしい作曲家でアレンジャーでもあります。

有名なオリジナル曲はGingerbread Boy、CTAなど。




アドリブはというと、ビバップのイディオム、コードに忠実で美しいラインのフレージングが素晴らしいです。

尚且つテンション、音のチョイスが絶妙でジャズのアドリブ、ルールを学ぶのみはお勧めです。

コピーも比較的しやすいと思いますので、ぜひトライしてみてください。




ジミーヒースの代表曲、ジンジャーブレッドボーイ。
アドリブはBbのブルースです。(テナーサックスのキーでCのブルース、アルトサックスのキーでGのブルースです。)




ジャムセッションなどでもよく演奏されるオールザシングスユーアーです。
転調が多く難曲の一つですが、コードに対して明確なフレージングをするジミーヒースのアドリブは参考になります。



ジャズサックスレッスンブログはブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ジャズサックスレッスン情報
プロがマンツーマンで指導する個人ジャズサックス教室。
ソプラノ、アルト、テナーサックスで受講可能。
1時間あたり5000円からのリーズナブルな価格!!
未経験、初心者からジャズのアドリブスキルを身に付けたい方まで歓迎。
体験お試しレッスンも実施中!!


タグ 初めてのアドリブ ジャズサックス超初心者 ジャズサックス未経験 アドリブ導入 アドリブわからない アドリブ出来ない ビギナーアドリブ方法 初級ジャズサックス ジャズサックスレッスン マイナーペンタトニックスケール ペンタでアドリブ
11:26 | トラックバック(*) | コピーするのにお勧めのジャズサックス奏者 |TOP




< < 前のページ | TOPページへ戻る|

検索フォーム

ブロとも申請フォーム